出産・・・

a0010047_1152374.jpg今回、初めての出産だったのですが、出産の流れについて、いろいろ読んでも人それぞれ違うし~~と、あまり本読んだりしなかったんですよね。。(出産の痛みの現実逃避したいというか・・) 手元にはもらった本などいろいろあったのですが・・・・

私の出産した病院は清心病院といって産婦人科には日本人の医者が半分ぐらいいるとこなので、いろいろな面で安心して出産を迎えたのです・・・・。

家から高速で2時間ぐらいかかる山の中にあるとこで、ナンピョンだけこっちに時々会いに来たり、出産直前の入院から産後の退院の日まで(この期間は4泊5日ですが・・)、病院で寝泊りしてくれてほんと心強かった。

ウリ夫婦の一人目の子であり、ナンピョンのお兄さんはまだ未婚なので、シプモにとっては初孫。  でも家の近所の病院を私が選ばなかったので、出産予定の3週間前から家を出て行った嫁が相当心配だったようです。。。病院の方からは、ちょっと家の遠い人はその頃から妊婦のためのプログラムに乗って欲しいとの事を聞き、このような流れになったのですが、帰ってきてみて、本当にいい期間だったな!って振り返ると心が温かくなってきます。私のような日本人の方も多いのですが、西洋の国から来られている人も多くて、ゆったりと自然の中で、紅葉も最高にキレイな時期に出産できたことが本当に感謝でした^^*

よく私のほうが韓国人に見られて(最近特に増えた・・・・・)ナンピョンが日本人に見られることが多いのですが、やっぱりナンピョンは韓国人!!もっている情が違うんですよね。。

前は、産む病院が家の近くでないから、仕事もあるし多分出産後にかけつけるようになるね~~~なんて話していたのですが、結局個室入院が始まってからナンピョンも共に病院で生活するようになり・・(付き添いで~) ほんとありがたかった♪~~
妊娠期間は、心が不安定になってナンピョンともいろいろあったけど、最後よければ全て良し!!という言葉を心底実感したかも***

実際11月7日に産まれたのですが、10月25日ごろ初めて出血があり、病院からも赤ちゃんが結構大きい方なのでいつ産まれてきてもおかしくないから・・・って言われていたから
もうすぐ産まれる・・・・・いよいよだ・・・・って考えていたんです。(あとでは、それは’おしるし’ではないって訂正されたのですが)そのときは病院からおしるしだと言われて陣痛を待っていたのですが、10日過ぎても陣痛が来なく、病院の検診を受ければ胎児の体重は増える一方・・・
(臨月近くからめまぐるしく体重が増えていて・・)

日に日に行動も自由が利かなくなってきて、早く産みたいのと、早くお腹の子に会いたいので、何故陣痛が来ない!?って不思議だったんですよね。。
(でも予定日過ぎてるわけではないのでそんな異常なことではないのですが。)

いろいろ聞いてみると、初めての子はなかなか下りてこない(陣痛が来るのに時間がかかる)とか・・・  動いた方が早く陣痛が来るとか・・・   出産前は休んだ方がいい陣痛がくるとか・・・   

結局全部やってみたら本当にその通りになって。。なんだか反応が正直で嬉しかった^^
6日の日曜日か7日の月曜頃には出産したいな~~って考えていたので、6日は午前午後と病院の裏の山に散歩しに行って上まで20分ぐらいのとこまで登って・・・(その頃にも、弱い陣痛がきていたのですが・・)

その夜、7時頃から徐々に痛みが10分おきになってきた・・(前日は夜中だけ痛くて、昼には痛みがほとんど感じられなかったので、今日もそんな感じかな!?って思い・・・)
看護婦さんにそのことを話したら、陣痛止めを打って今日はちゃんと寝たほうがいい!って言われたんです。でも陣痛止めを打っても本当の陣痛が来ていたらそれは効かないそうなんですが・・・
そして、このとき初めておしりに注射を打った・・・・ちょっと痛いからね~~と前もって言ってくれたけどやっぱりすごく痛かった・・・
その注射は何時間後にも打って全部で3回だったかも・・

気がついたときには朝の5時、なんか痛みが強くなっていて休んだような休めてないような・・・変な感じ。

携帯電話を握りながら痛くなっては時間を見ての繰り返し・・・

このときから、部屋から陣痛室に移り点滴を打たれた・・・・
1時間置きぐらいに徐々に時間の間隔が狭まってきた  痛くなるごとに腰をさすっていないと絶えられない・・・  ナンピョンが手伝ってさすってくれたので本当ありがたかった!!
咽喉は乾くし腰は痛いし、もう真剣。でも、もうすぐ赤ちゃんに会えると思ったら早く出産したくてしょうがなくて・・・・・・
(でも、出産の流れをよく分かっていなかったから、不安と恐怖心も増してきていたけど・・・・)

朝8時過ぎに分娩室に移ることになった。このときはまだちょっと余裕がある感じだったので、横にいるナンピョンとも、大丈夫!ファイティン!!  とか言い合っていた。。
でもそれもつかの間、すぐ強烈な痛みが押し迫ってきてとにかく痛い。。。
出産はオンマも痛いけど、産まれてくる赤ちゃんも痛いんだって聞いていたので、そのことを思い出して、赤ちゃんもがんばってー!!って気持ちになってきた。。でもすごく痛い。。

分娩室に移っても分娩台の横にある台の上に乗っかって子宮が10cm近く開くまでそこで陣痛と格闘していました・・(体を横向きにして・・)
痛みがこないときは意識がなかったのか、寝ていたのか自分でも分からないけど、痛みが来たとたん絶えるしかないって感じ・・・
水が欲しいって言いたいけど、口が乾きすぎて声がちゃんと出ないし・・・
いつまで続くんだろう~~~とか、自分の親もシオモ二も2人産んでいるし・・・とか、昔はもっと大変だったんだろうな・・・なんて頭の中でいろいろ考えていた。

しまいに横にいるナンピョンのことが気になって、途中から、もう出てって!!と言って追い出してしまった。。。(あとで他の妊婦さんに聞いたら廊下を行ったり来たりしてたそうですが・・)横に居たらいたらで、なんか集中できない感じがしたので。。。

そして、分娩台に移ってからは、結構早く、看護婦さんから赤ちゃんの頭見えてるからもう少しよ!!って言われ、そのときにはもう息も途絶えるんじゃないかってほど苦しかったけど、やっとだーーーって、思って、、、でも自分の子宮口から赤ちゃんが出てくるとは想像出来なくて、そのときもそれを考えると恐かった・・・・

とりあえず恐くて、分娩台に乗ってからずっと目をつぶっていたのですが、看護婦さんが産まれる直前になって、もう次の力みで産まれるからね!目開けて!!って言われた。

そのあとは急に周りの看護婦さんたちがバタバタ始まって、私も、いよいよだ!もうすぐもうすぐ!!って思ったときにはスルッと赤ちゃんが出てきて、すぐ直後に私のお腹の上に一瞬乗せられ、(黒い頭だけしか見えなかったけど)産んだ瞬間が早業のようにほんと一瞬のことだった。。

産まれた瞬間、苦しかったのと、感動と、なんとも言えない嬉しい気持ちで涙があふれてきた。。。その後先生が切ったり縫ったりの作業をしていたのですが、ちょっと痛いぐらいで、さっきまでの痛みに比べたら大丈夫。大丈夫。。。と自分にいい聞かせていた。

 そのとき横を向いたらナンピョンが立っていて(いつからいたんだろう・・・)手を握っては、また泣けてきた。。

自分の親のときの出産はどうだったか聞かなかったけど、シオモニは自宅で夫が留守のとき出産してほんと大変だったと、何度もきいていて・・。昔の人は7人8人って沢山産んでいるけど、医療技術や知識が今のように便利でないときに、その頃の女性は相当大変だっただろうな・・・・・ってほんと思う。(妊娠してからずっと思っていたことですが~~)

部屋に戻って目覚めてから初めてアギとご対面した!私の出産後2人分娩室に入る人がいて、早く部屋に戻され(個室だったのでよかったけど)そこで休んでいたんです。
顔見たら、全てが開放されまた涙が出てきた。。

妊娠してからいろいろあったけど、いつもお腹の中で共にいたんだな~って思ったら、ごめんねって気持ちとありがとう!って気持ちと、なんとも一安心した。。

そのときは二度と出産できないかな・・・・こんなに痛いし・・・なんて思ったけど、1週間経った今では早く二人目も欲しいな~~~なんて考えてしまう。
ナンピョンも同じく、出産後には痛くてかわいそうだから、、、、中国は一人だけしか産まないんだよね、、、なんて遠まわしに言っていたけど、今、家に帰ってきてからは2年後にしよう!とか言っている。

出来たら、3人~5人ぐらい欲しいかも^^ 

あとで、入院中のほかの妊婦のオンニに聞いたら7日のお昼頃の出産は、すごくいい時だとシアボジが言ってたとかいっていて、そのオン二は朝8時の出産、私が10時38分、そして、12時には2人出産していた!!    オン二に、私は10時だと話したら、お昼前後だからいいんじゃない!?わたしは8時だからね~~なんて言ってた。好い時だったと信じたい。。でも、無事出産できたことだけでも十分嬉しいですが♪

早く日本にいる父にも見せてあげたいな・・・・・



  
[PR]
by jinnhi | 2005-11-14 03:50 | ウリアギ
<< 미역국(わかめスープ)*** 3520gの男の子♪ >>